HOME健康・ダイエット・医薬品赤ちゃんの病気INDEXとびひ
 
 


INFORMATION

更新日: 2019年5月2日  



救急&入院

薬のこと
 受診から薬をもらうまで
 薬をもらってから

上手な飲ませ方

●薬の種類
・シロップ・液体飲み薬
・粉薬
・漢方薬
・坐薬・浣腸剤
・点眼薬・点耳薬
・塗り薬
・はり薬


●薬の目的

解熱鎮痛薬・抗生物質・鎮咳薬・去痰薬・気管支拡張薬・抗ヒスタミン薬・消炎酵素薬・抗ウイルス薬・抗けいれん薬・下痢止め・便秘薬・吐き気止め・乳糖分解酵素・鉄剤・総合感冒薬・抗アレルギー薬・ステロイド薬入り軟膏・非ステロイド系抗炎症薬入り軟膏・抗ヒスタミン薬入り軟膏・抗真菌薬入り軟膏・抗ウイルス薬入り軟膏・抗生物質入り軟膏・皮膚保護薬・保湿薬・点耳薬・点眼薬・眼軟膏・口内用の薬


昼間のうちに必ず一度受診して

赤ちゃんの病気は、突然始まることがほとんどです。病気の進み方も大人に比べてとても速いですし、悪化するときもあっという間。ですから変だなと思ったら、受診を先延ばしにしないことが大切です。夜中に様態が急変することもしばしばなので、昼間の診療時間内に、必ず一度は受診しておきましょう。
 そのためにも、近所にかかりつけの小児科を確保しておくのが大切です。地域の、夜間や休日の診療体制もチェックしておいてください。



0502  

とびひ 早期に、抗生物質で治療することが大事

どこにできやすい?

全身どこにでも

菌のついた手でさわったところに次々広がる

 とびひは春から夏、さらに9月ころまでの暑い季節に多い皮膚病です。うつる病気で、1歳以下の赤ちゃんでもかかります。
 最初は、皮膚に小さな水ぶくれができます。この水ぶくれの中の汁に、とびひを起す菌が入っています。水ぶくれはすぐにつぶれてただれ、ジュクジュクした汁を持つようになり、きたないかさぶたがつきます。
 とびひの水ぶくれは、強いかゆみがあるのが特徴。かきこわすと、汁の中の菌が次々に他の場所に飛び火して、症状が全身に広がってしまいます。
 原因になる菌は、黄色ブドウ球菌、またはA群連鎖球菌です。これが虫刺されなどをかきこわしたところについて、症状を起すのです。
 ブドウ球菌は鼻の穴の中などに誰もが持っている金です。赤ちゃんや子供が感染しやすいのは、皮膚のバリア機能が未熟で、抵抗力も弱いせい。特にアトピー性皮膚炎のある子は皮膚のバリア機能が低下しているので、とびひになりやすい傾向があります。
 飛び火は、菌をやっつける抗生物質を用いないと、治りません。夏は特に菌が繁殖しやすく、ほうっておくとあっという間に広がります。悪化してからやっと受診する人もいますが、とにかく早めの受診が第一です。
 抗生物質の塗り薬のほか、症状の程度によっては飲み薬も使います。適切な薬できちんと治療すれば、3日くらいで軽快、1週間くらいで治ります。
 最近は黄色ブドウ球菌を殺す抗生物質に耐性を持つ菌(MRSA)で起こる、とびひも増えましたが、その場合も医師は抗生物質の種類を変えて対応します。
 いずれにしても、薬を途中でやめると再発するので、完全に直るまできちんと治療をすることが大切です。
 なお、ステロイド軟こうはとびひを悪化させるので、自己判断で手持ちの薬を使わないのも、とても大切です。

全身症状に及んだり、脳炎を起すことも

 気をつけたいのは、とびひをきかけに起こる病気SSSS(ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群)です。黄色ブドウ球菌が出す毒素が全身に回り、発熱や痛み、皮膚がやけどしたときのようにずるっとむけるなど、強い症状を起す病気です。年齢に関係なく起き(赤ちゃんでもなります)、やはり夏に多い傾向があります。
 これもステロイドを塗ると症状が悪化するので、早めの受診が大切。熱があり、抱っこをすると痛くていやがるなど、気になる症状があればすぐに皮膚科へ。抗生物質の点滴や塗布で、あとを残さずに治ります。

ホームケアのポイント

体の中からと外側から、両方向の薬でより早い改善が期待できるので、服用する抗生物質と、直接塗る抗生物質入り軟膏を処方します。とびひになったところは、シャワーなどの流水でよく洗い流し、消毒して抗生物質入り軟膏を塗ります。

・抗生物質
・抗生物質入り軟膏

きれいになった患部にきちんと薬を塗る

処方された薬は医師の指示どおり、最後まで使い切ります。完全に治るまでは兄弟も一緒のお風呂は避けて。肌が触れ合うことでうつります。
夜寝るときはガーゼをひと巻きしてもOK

寝ている間に水泡をかきこわすと悪化してしまいます。寝るときにガーゼをひと巻きして患部をカバーするのはOKです。

感染力が強いのでタオルは別々に

菌の感染力が強いので、家族や兄弟は同じタオルを使わないこと。菌がついたタオルや衣類の洗濯も別にしましょう。 浴槽につかるよりシャワーのほうがいいでしょう。

患部は石鹸で丸く円を描くように洗う

水泡がかさぶたになったら早めにとりましょう。かさぶたがとれるよう、丸く円を描くように軽く優しく洗います。力を入れすぎると患部がえぐれてしまうので、気をつけて。

ママも赤ちゃんもよく手を洗い、つめの汚れもブラッシング

菌のついた手で触れると、肌のほかの部分にもとびひが広がってしまいます。手はよく洗って。つめの中もつめブラシできれいに洗いましょう。

患部にバンソウコウをはってはダメ

かきこわし予防のために患部にバンソウコウをはると、内部の湿度が上がりバンソウコウの中で菌が増えてしまいます。



夏風邪 / ウイルス性髄膜炎 / ヘルパンギーナ / 手足口病 / 咽頭結膜熱・プール熱 / 熱中症 /
突発性発疹 / 熱性けいれん / 気管支炎・肺炎 / 咽頭炎・扁桃炎 / 中耳炎 /
尿路感染症 / 川崎病 / 腸重積症 / 食中毒 /風疹 / はしか / 百日ぜき / おたふくかぜ / 水疱瘡 / 乳児脂漏性湿疹 / あせも / おむつかぶれとカンジダによる皮膚炎 / アトピー性皮膚炎 / とびひ / 水いぼ / 虫刺され / カポジーと疥癬 / 性器・泌尿器 / 麻酔 / 受診から薬をもらうまで / 薬をもらってから / 予防接種

テラマイシン軟膏a 6g ×2個セット 医療用と同成分 化膿止め (第2類医薬品) ※1個から購入可
0502
 
 

関連商品


内容・画像等の無断転載を禁止します。
Copyright 2000 All rights reserved.