サイトについてのお問合せは こちら から
   HOME健康・ダイエット・医薬品赤ちゃんの病気INDEXヘルパンギーナ
 
 


INFORMATION

更新日: 2021年4月2日  
特 集
 


救急&入院

薬のこと
 受診から薬をもらうまで
 薬をもらってから

上手な飲ませ方

●薬の種類
・シロップ・液体飲み薬
・粉薬
・漢方薬
・坐薬・浣腸剤
・点眼薬・点耳薬
・塗り薬
・はり薬


●薬の目的

解熱鎮痛薬・抗生物質・鎮咳薬・去痰薬・気管支拡張薬・抗ヒスタミン薬・消炎酵素薬・抗ウイルス薬・抗けいれん薬・下痢止め・便秘薬・吐き気止め・乳糖分解酵素・鉄剤・総合感冒薬・抗アレルギー薬・ステロイド薬入り軟膏・非ステロイド系抗炎症薬入り軟膏・抗ヒスタミン薬入り軟膏・抗真菌薬入り軟膏・抗ウイルス薬入り軟膏・抗生物質入り軟膏・皮膚保護薬・保湿薬・点耳薬・点眼薬・眼軟膏・口内用の薬


昼間のうちに必ず一度受診して

赤ちゃんの病気は、突然始まることがほとんどです。病気の進み方も大人に比べてとても速いですし、悪化するときもあっという間。ですから変だなと思ったら、受診を先延ばしにしないことが大切です。夜中に様態が急変することもしばしばなので、昼間の診療時間内に、必ず一度は受診しておきましょう。
 そのためにも、近所にかかりつけの小児科を確保しておくのが大切です。地域の、夜間や休日の診療体制もチェックしておいてください。



ゼクシィ内祝い 

高熱が出る夏かぜの1つ。集団保育では毎年、流行します  

赤ちゃんにもうつります

ヘルパンギーナは夏から秋口、9月ごろまで子供の間ではやる病気。原因は、夏かぜウイルスのひとつであるコクサッキーA群です。群というだけあって、このウイルスにはいろいろなタイプがあります。そのため、一夏に2度かかることもあります。
 大人の間では、ヘルパンギーナになったという話はほとんど聞きませんね。長い年月の間にこのウイルスに対する抵抗力ができるからです。でも乳幼児の体はまだまだ成長途上。小学校にあがるくらいまでの間は、毎夏ヘルパンギーナにかかるということも、決して珍しくありません。
 唾液やせきなどで空気感染しますが、腸の中にいるウイルスなので、うんちの中にも出てきます。感染力もわりと強く、保育園や幼稚園など集団生活をしている場合は毎年の恒例行事となることもよくあります。うつる病気ですから、登園はしばらくお休み。再登園は、ある程度治り医師の許可がおりてからということがほとんどです。
 1歳以下の赤ちゃんも感染しますが、生後5〜6ヶ月ころまではお母さんの胎内にいたときにもらった免疫がありますから、そう多くはありません。

高熱とのどの痛みが特徴

ヘルパンギーナは、発熱で始まることがほとんどです。熱は高く、39度、ときには40度にもなります。
 同時に、のどの入り口、咽頭のあたりに小さな水泡が数個〜十数個でき、その周辺が赤くなります。最初は1oくらいの大きさですが、2〜3日で2〜3oくらいになり、つぶれて潰瘍になります。
 高熱とのどの痛み以外の症状は軽くてあまり心配のない病気ですが、問題は、カイヨウがひどくしみて、ものを飲み込むときとても痛いことです。唾液を飲みこむことができなくなり、よだれが多くなったり、過敏な子は吐きやすくなることもあります。もちろん、離乳食などを与えようとしても、ぐずっていやがるでしょう。
 それでも高熱は2〜3日で下がり、カイヨウも1週間ほどで治ります。のどのひどい痛みも最初の数日だけ。ですからこの間は離乳食も無理強いをせず、スープやとろみのあるものなど、のどごしのよいメニューを用意してあげてください。たとえ2〜3日食欲が落ちても、水分がとれていれば心配はありません。


脱水症にご用心!

熱が高いのにもかかわらず、のどが痛くてミルクやおぱいはもちろん、白湯なども飲めないというときは、脱水症が心配です。おしっこがいつもより量・回数とも少ない、◎一日、水分がとれてない、唇がかさついてきたなどというときは赤信号。急いで小児科を受診しましょう。点滴などで、水分を補給する必要があります。もっとも、ヘルパンギーナでは、点滴をひつようとするような脱水は、あまり起きないものです。
 熱は高いけれど比較的全身状態はよく、あまり心配のない病気といえます。熱が出た時点で小児科を受診し、ヘルパンギーナと診断がついたら、あとはゆっくり自宅でケアしてあげましょう。このウイルスに効果的な薬はないため、薬も特に処方されないこともあります。

・解熱鎮痛薬
・消炎酵素薬


ホームケアのポイント

熱があるときは体を適度に冷やす
脱水に気をつけこまめに水分補給
のどごしのよいメニューを用意して 酸味のあるものは避けて

夏風邪 / ウイルス性髄膜炎 / ヘルパンギーナ / 手足口病 / 咽頭結膜熱・プール熱 / 熱中症 /
突発性発疹 / 熱性けいれん / 気管支炎・肺炎 / 咽頭炎・扁桃炎 / 中耳炎 /
尿路感染症 / 川崎病 / 腸重積症 / 食中毒 /風疹 / はしか / 百日ぜき / おたふくかぜ / 水疱瘡 / 乳児脂漏性湿疹 / あせも / おむつかぶれとカンジダによる皮膚炎 / アトピー性皮膚炎 / とびひ / 水いぼ / 虫刺され / カポジーと疥癬 / 性器・泌尿器 / 麻酔 / 受診から薬をもらうまで / 薬をもらってから / 予防接種

早わかりポイント
特徴は?
高熱とのどの痛み
熱は出る?
39〜40度の高い熱が出ます
うつる?
うつります。
軽快までの目安は?
1週間くらい
1回だけの病気?
幼児期は毎夏恒例。一夏に2度かかることも
まぎらわしい病気は?
とくになし
注意することは?
のどが痛くてのめないときは脱水症に注意

関連ニュース
次亜塩素酸 ドクタープラス 500(HCIO)500ppm 受験生 新型コロナウイルス・インフルエンザ・ノロウイルス予防に!
0429
 
 

2020年8月、佐賀県内で2年ぶりにヘルパンギーナが流行中 2020年8月18日new
新型コロナの陰で夏の感染症が激減していた! 2020.8.17new
子どもの夏かぜ 注意点は 新型コロナと迷ったときは 2020年8月3日new
夏風邪と新型コロナ 症状で見分けられる?マスク有効? 2020年8月2日new
ヘルパンギーナが流行、東京都で警報レベル超え 2019.8.2 new


このMailinglist Clubは全て”yahoo-group”より配信されております。

内容・画像等の無断転載を禁止します。
Copyright 2000 All rights reserved.