サイトについてのお問合せは こちら から
   HOME健康・ダイエット・医薬品赤ちゃんの病気INDEX風疹
 
 


INFORMATION

更新日: 2018年9月10日  
特 集
 



救急&入院

薬のこと
 受診から薬をもらうまで
 薬をもらってから

上手な飲ませ方

●薬の種類
・シロップ・液体飲み薬
・粉薬
・漢方薬
・坐薬・浣腸剤
・点眼薬・点耳薬
・塗り薬
・はり薬


●薬の目的

解熱鎮痛薬・抗生物質・鎮咳薬・去痰薬・気管支拡張薬・抗ヒスタミン薬・消炎酵素薬・抗ウイルス薬・抗けいれん薬・下痢止め・便秘薬・吐き気止め・乳糖分解酵素・鉄剤・総合感冒薬・抗アレルギー薬・ステロイド薬入り軟膏・非ステロイド系抗炎症薬入り軟膏・抗ヒスタミン薬入り軟膏・抗真菌薬入り軟膏・抗ウイルス薬入り軟膏・抗生物質入り軟膏・皮膚保護薬・保湿薬・点耳薬・点眼薬・眼軟膏・口内用の薬


昼間のうちに必ず一度受診して

赤ちゃんの病気は、突然始まることがほとんどです。病気の進み方も大人に比べてとても速いですし、悪化するときもあっという間。ですから変だなと思ったら、受診を先延ばしにしないことが大切です。夜中に様態が急変することもしばしばなので、昼間の診療時間内に、必ず一度は受診しておきましょう。
 そのためにも、近所にかかりつけの小児科を確保しておくのが大切です。地域の、夜間や休日の診療体制もチェックしておいてください。



9

風疹 健康な子には軽い病気ですが、妊婦さんは気をつけて

ときには症状が出ないことも

全体的にはしかに似た症状が出ますが、はしかほど重くないため、俗に三日ばしかとも呼ばれます。原因は風疹ウイルス。くしゃみやせきなどから感染し、4〜10歳の幼児や学童に多い病気で、赤ちゃんがかかることはあまりありません。
 感染してから発生するまでの潜伏期間は約2週間。突然、熱(37.5℃以上)が出て、同時に細かい赤い発疹が、全身にパラパラとあらわれます。耳の後ろや首のリンパ腺がはれ、触れると小指の先くらいのグリグリもできます。これも風疹の大きな特徴です。
 このほか、白目が赤く充血したり、のどが赤くなって痛んだり、軽い咳がでることもありますが熱は1〜3日で下がりますし、発疹も3〜4日で消えていきます。また、不顕性感染といって、ウイルスに感染しても、発病しないこともあります。1度かかれば抗体(免疫)ができて、2度はかかりません。知らない間に免疫ができていることもあるというわけですね。
 ただ、まれに発症後4〜5日か、回復期にはいってから脳炎を起すこともあるので、油断は禁物です。

必要なら親も予防接種を

大人の女性は、妊娠初期、風疹ウイルスに初感染しないよう注意。赤ちゃんに眼や耳の障害、心疾患、発達異常などが出ることがあります。妊娠中に予防接種は受けられないので、以前風疹にかかったかどうかわからない人は、血液検査をして、必要に応じて予防接種を受けておくと安心。風疹は大人がかかると症状も重くなりやすいので、お父さんも心配なら予防接種を受けておきましょう。
 ほとんど自然に治りますが、症状によって和らげるための薬を処方します。熱が出ない場合もありますが、38℃台の熱が出たりリンパ節の痛みがひどいときは、解熱鎮痛剤などを処方します。

・解熱鎮痛薬
・抗ヒスタミン薬
予防接種


ホームケアのポイント

元気はあっても治るまでは家の中
感染の恐れがあるので、発疹が消え、医師の許可が出るまでは家の中で。1歳を過ぎたら予防接種を受けさせましょう。

夏風邪 / ウイルス性髄膜炎 / ヘルパンギーナ / 手足口病 / 咽頭結膜熱・プール熱 / 熱中症 /
突発性発疹 / 熱性けいれん / 気管支炎・肺炎 / 咽頭炎・扁桃炎 / 中耳炎 /
尿路感染症 / 川崎病 / 腸重積症 / 食中毒 /風疹 / はしか / 百日ぜき / おたふくかぜ / 水疱瘡 / 乳児脂漏性湿疹 / あせも / おむつかぶれとカンジダによる皮膚炎 / アトピー性皮膚炎 / とびひ / 水いぼ / 虫刺され / カポジーと疥癬 / 性器・泌尿器 / 麻酔 / 受診から薬をもらうまで / 薬をもらってから / 予防接種


関連NEWS
風疹、実は30歳以上が危険 妊婦や子供以外も予防を 2018/9/6news

このMailinglist Clubは全て”yahoo-group”より配信されております。

内容・画像等の無断転載を禁止します。
Copyright 2000 All rights reserved.