HOME本・雑誌・コミック小説・エッセイ
 
 
 




INFORMATION

更新日: 2021年5月17日  


0517  

小説・エッセイ
バームクーヘンでわたしは眠った
 
1,980円(税込)
-
new第57回現代詩手帖賞受賞の詩人・川柳作家によるあたらしい日記のかたち。
21世紀の世界文学30冊を読む
 
2,200円(税込)
-
new世界中で生まれ続ける最高に面白い小説から30冊を選んで紹介。最も新しく、最も刺激的な、同時代世界文学案内。

来世の記憶
 
1,870円(税込)
-
すぐそばにいる誰かの物語。あたしの前世はおっさんだった(「前世の記憶」)、体が腐らないよう冷蔵庫の中で眠る少女(「れいぞうこ」)、切手占いに夢中で男の子の存在を忘れた女の子たち(「切手占い殺人事件」)、軽蔑する親友からの電話にじっと耳を傾ける私(「時間ある?」)、凶器を持って怪獣を虐待しに森に入る少女たち(「怪獣を虐待する」)、理想のかばんと出会い旅立った非正規雇用の女性(「いつかたったひとつの最高のかばんで」)…ささやかでひんやりしていて、それでいてあたたかなよろこびすべての感情が詰まった輝ける物語たち。芥川賞作家がエールとともに贈る寓話。
きっとあの人は眠っているんだよ
 
968円(税込)
 
new本屋をめぐり、古本屋をのぞき、頁をめくって世界と出会う本の日々。「週刊文春」に好評連載された読書日記。「今日買ったこの本は、悪魔的にロマンティックじゃないか」。

火車の残花
 
1,650円(税込)
-
new地獄へ堕ちぬ罪人は、私がこの手で灼き尽くすーー。 霊を見ることができる赤眼を持つ「憑きもの落とし」の浮雲は、旅の途上の川崎で奇妙な噂を耳にする。罪人の亡骸を奪い去る妖怪・火車が、多摩川で次々と人を殺しているという。殺された者は水死体にもかかわらず、なぜか黒焦げになっていた。 一方、宿では亭主の息子が何者かに取り憑かれ、刃物を持って夜な夜な歩き回っていた。 ふたつの事件に繋がりがあると睨んだ浮雲は、連れの土方歳三と才谷梅太郎とともに調べを進める。 やがて点と点が繋がったとき、衝撃の真相が明らかになる。 そして惨劇の裏に秘められた切ない想いとはーー 先の読めない展開と、その果てにある慟哭。 700万部突破『心霊探偵八雲』の著者が贈る、文学史上最も切ない幕末ホラーミステリ。
滔々と紅
 
880円(税込)
-
new天保八年、飢饉の村から九歳の少女、駒乃が人買いによって江戸吉原の大遊郭、扇屋へと口入れされる。駒乃は、吉原のしきたりに抗いながらも、手練手管を駆使する人気花魁、艶粧へと成長する。忘れられぬ客との出会い、突如訪れる悲劇。苦界、吉原を生き抜いた彼女が最後に下す決断とは…。-全国の書店員が選んだ「世に出したい」新作!第1回本のサナギ賞優秀賞受賞作。

関連商品
日本の小説 エッセイ 外国の小説 ノンフィクション ミステリー・サスペンス ロマンス 歴史・時代小説 SF・ホラー その他



内容・画像等の無断転載を禁止します。
Copyright 2000 All rights reserved.