HOME本・雑誌・コミック小説・エッセイ
 
 
ML
FB Google groups
 




INFORMATION

更新日: 2021年7月22日  


0721  


小説・エッセイ
傷痕のメッセージ
 
1,540円(税込)
-

new「死んだらすぐに遺体を解剖して欲しいーー」医師の千早が父の遺言に従い遺体を解剖すると胃の内壁に暗号が見つかった。28年前、連続殺人事件の犯人を追うため父が警察をやめたことを知った千早は、病理医の友人・紫織と協力して、胃に刻まれた暗号を読み解こうとする。時を同じくして28年前の事件と酷似した殺人事件が発生。現在と過去で絡み合う謎を、千早と紫織の医師コンビが解き明かす!

負けヒロインが多すぎる!
 
704円(税込)
-
new負けてこそ輝く彼女たちに、幸いあれ。
負けヒロインーーマケインたちに絡まれる謎の青春が、ここに幕を開ける!

兵諫
 
1,760円(税込)
-
new日本で二・二六事件が起きた1936年。中国の古都、西安近郊で、国民政府最高指導者、蒋介石に張学良の軍が叛旗を翻すクーデターが発生。蒋介石の命は絶望視され、日米の記者たちは特ダネを求め、真相に迫ろうとする。日本では陸軍参謀本部という秘密の匣の中で石原莞爾が情報を操っており、中国では西安事件の軍事法廷で、張学良は首謀者ではないとする証言がなされた。現代中国の起点となった事件の現場に起つ救世主は誰か。
medium 霊媒探偵城塚翡翠
 
1,870円(税込)
 
new推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていたー。

貝に続く場所にて
 
1,540円(税込)
-

new第64回群像新人文学賞受賞。
第165回芥川賞候補作。

コロナ禍が影を落とす異国の街に、9年前の光景が重なり合う。静謐な祈りをこめて描く鎮魂の物語。 
ドイツの学術都市に暮らす私の元に、震災で行方不明になったはずの友人が現れる。人を隔てる距離と時間を言葉で埋めてゆく、現実と記憶の肖像画。

invert 城塚翡翠倒叙集
 
1,925円(税込)
-

newすべてが、反転。

あなたは探偵の推理を推理することができますか?

綿密ば犯罪計画により実行された殺人事件。アリバイは鉄壁、計画は完璧、事件は事故として処理される……はずだった。
だが、犯人たちのもとに、死者の声を聴く美女、城塚翡翠が現れる。大丈夫。霊能力なんかで自分が捕まるはずなんてない。ところが……。
ITエンジニア、小学校教師、そして人を殺すことを厭わない犯罪界のナポレオン。すべてを見通す翡翠の目から、彼らは逃れることができるのか?


関連商品
日本の小説 エッセイ 外国の小説 ノンフィクション ミステリー・サスペンス ロマンス 歴史・時代小説 SF・ホラー その他



内容・画像等の無断転載を禁止します。
Copyright 2000 All rights reserved.