HOME本・雑誌・コミック小説・エッセイ日本の小説
 
 
 




INFORMATION

更新日: 2019年12月4日  




1204  

日本の小説
宮辻薬東宮
 
¥715
-
new宮部みゆきさんの書き下ろし短編「人・で・なし」を読んだ辻村深月さんが「ママ・はは」を書き下ろし、その辻村さんの短編を読んだ薬丸岳さんが「わたし・わたし」を書き下ろし…バトンは東山彰良さん、宮内悠介さんへ。超人気作家5人のちょっぴり怖いリレーミステリーアンソロジー!
黒い巨塔 最高裁判所
 
¥990
-
new裁判官を左遷し判決の方向を差配する最高裁長官、絶大な権力を振りかざす事務総局。司法の中枢最高裁内部では、醜悪な権力抗争が煮えたぎる。「法の支配」とは無縁の上命下服の思想統制に、司法エリートたちは次々と屈服していく。最高裁の中枢を知る元裁判官の城山三郎賞作家が、司法の真実を暴く権力小説。

謎物語 あるいは物語の謎
 
¥880
-
子どもの頃に読んだ童話や昔ばなしに、スクリーンに映し出される奔馬の姿に、『吾輩は猫である』のなかの一文に――本格ミステリをこよなく愛する著者は、多岐に亘る読書や経験のなかから、鮮やかな手つきでミステリのきらめきを探りだす。当代随一の読み巧者が、謎を見つける楽しさ、そして解き明かす面白さを私たちだけにそっと教えてくれるミステリ・エッセイ。著者の創作の原点が詰まった初めてのエッセイ集を新たな装いで刊行します。
イヴの末裔たちの明日 松崎有理短編集
 
¥1,870
-
究極の選択を前にしたとき、人間はその魂を試される――さまざまな"究極"の場面に遭遇した人々がそれぞれ選びとる未来の物語。長く未解決だった数学予想の証明に取り憑かれた青年と、暗号解読に人生のすべてを捧げた冒険者の行く末を追う「ひとを惹きつけてやまないもの」、自分は未来人だと主張し、材料も資料も足りない刑務所内で未来に帰るためのタイムマシン製造に勤しむ受刑者の哀しい決断「未来への脱獄」など全5編。

山の上のランチタイム
 
¥1,760
-
都会で修行したイケメンオーナー・登磨に片思いする美玖は、アピールポイントが元柔道部の足腰の強さだけというおっちょこちょい(失敗ばかりで解雇の危機も)。 さらに、勤務先である登山口にあるレストランに集う少々変わったお客たちにも翻弄されて――。 各小説賞&児童文学賞受賞多数の実力派が送る、旨味たっぷりの味わい深い感動小説をご堪能ください。
流浪の月
 
-
-
new優しさや善意は時にきついものだということが、書くうちに浮き彫りになっていったのかもしれない

関連商品
その他



内容・画像等の無断転載を禁止します。
Copyright 2000 All rights reserved.