HOME本・雑誌・コミック絵本・児童書・図鑑
 
 
ML
FB Google Groups
 




INFORMATION

更新日: 2021年9月19日  



0919 

絵本・児童書・図鑑

10かいだてのおひめさま ドレスおえかきブック
 
968円(税込)
 

newだれでも素敵なおひめさまが描けちゃう!
「10かいだて」シリーズのおえかきワークブックがついに登場
あなたにぴったりのドレスを作って、おしろのパーティーにむかいましょう!

まずは、本文にある「デザインノート」を切り取って、手元に準備しましょう。おえかきブックを読み進めながら、そでやえり、スカートの形など、お手本をなぞって描きこみ、練習していきます。その後、各ページから好みのデザインを1つずつ選んで、手元のデザインノートに描きこんでいくと、オリジナルのおひめさまが完成します!

★ドレスの そでを かいてみよう ★えりを かいてみよう
★スカートを かいてみよう ★レースを かいてみよう 
★かみがたを かいてみよう ★かおを かいてみよう 
★ヘアパーツを かいてみよう ★くつを かいてみよう など

おひめさまが完成したら……扉をあけて、おしろのパーティーへ! 
デザインノートに描いたおひめさまを切って貼ると、パーティーに参加できます!


ごちそう たべに きてください
 
1,540円(税込)
 

new山の大きな木のなかに、ごちそうするのが大好きなうさぎがすんでいました。そこへ、りす、あかねずみ、あさぎまだらなど、つぎつぎと動物たちがあらわれて……。読み聞かせにもひとり読みにもぴったりの絵本。 読み聞かせ3歳から ひとり読み5歳から。


ぼくのとうさん わたしのおかあちゃん
0810  
¥1,320
 


『ぼくのとうさん』『わたしのおかあちゃん』は、それぞれ独立した作品です。
両作品とも、親のしごとをモチーフに、実際の子どもの詩に着想を得て、物語にしました。
「ぼくのとうさん」のしごとは、市の清掃車でのしごとです。
暑かったり、くさかったり、ときには残飯の水しぶきを浴びたりすることもあって、決して容易なものではありません。
そんなとうさんのしごとをバカにされた主人公(3年生)のこころの葛藤、またバカにしてしまった友人のこころの痛みと成長を「はたらくこと」の意義と尊さをとおして描きます。
「わたしのおかあちゃん」は、居酒屋で働きながら二人の子どもを育てています。
明るく元気なおかあちゃんですが、主人公(4年生)の女の子は、母親の働くことの苦労も理解しています。
ある日、平穏な三人の生活のなかに、居酒屋の店長さんが登場します。
他人を受け入れることへの不安と苛立ち、故人である父親への想いを家族の絆、社会とのつながり、将来への希望をとおして描きます。
ささやかだけど、お互いを思いやる日常のひとこまを描いた二つの作品は、わらいとなみだのなかに、「とうさん」と「おかあちゃん」への限りないエールであふれています。
同時に、「はたらくこと」や「しごと」を意識することで、「未来の自分」や「社会の一員としての自分」、
また人々とのつながりについて、考えるきっかけにもなると思います。

*2021年 第54回夏休みの本(緑陰図書)小学校中学年の部 選定作品





関連商品
図鑑・ちしき 絵本 児童書 児童文庫 民話・むかし話 その他



内容・画像等の無断転載を禁止します。
Copyright 2000 All rights reserved.