HOME車・バイク用品→カー用品→洗車・ケア用品→ワックス
 
 
 


特別な日、一日だけ車がキレイならいいや
という場合には、お手軽系ワックスでも。
ツヤのよさは負けません

INFORMATION

更新日: 2017年8月5日  
特 集
 















8   8  

ワックス

ひとくちにワックスといっても、いろいろなタイプがあります。

オーソドックスワックス
 昔ながらのワックスで、ブラジル原産のカルナバのロウを主成分にしている。
 コーティングにはとても出せない独特のツヤや深みを出すのが特徴。

激防水、超防水などの撥水性をうたうタイプ
 コーティング剤や液体ワイパーにも使われるフッ素樹脂などを含む。
 ワックスのツヤより、耐久性や水ハジキを重視したコーティング剤に近い。

水アカとり、磨きキズを消すクリーナー効果がウリのワックス
 液体や半ネリに多い。(普通固形のワックスには、コンパウンドやクリーナーは含まれていない)。
 年式の古い車など、塗装がへたっている車に使うと色があせたりするので要注意。

お手軽タイプ
 最近人気でワックス塗布の作業をいくつか省略することができる。
 固形のようなツヤや耐久性はないが、作業時間が圧倒的に短くてすむ魅力は大。


ワックスをつける量

 カルナバを主成分にする固形ワックスは、塗りのばすのが難しいといわれています。でも最近はずいぶん改良されてきていて、缶を左手にもち、スポンジをワックス表面をなでるように一周させます。スポンジを軽く湿らせておくといいですね。よくワックスをこそぎとったりという人もいますが、このチョットづけで、パネル1枚はらくらくのばせます。
 達人はレギュラー缶で30台はワックスがけするというぐらいです。
 とにかく少量を薄くのばすこと。そうすれば塗るのもふきとるのも楽。いくら厚く塗ったところで、耐久性や撥水性は変わりません。カスが多くでるだけなのです。


カルナバろうとは

 
ワックス独特のツヤはカルナバであってこそ。カルナバは、南米原産のヤシによく似た樹木で、この葉から採取されるのがカルナバろう。
 一口にカルナバといっても、品質で、1〜3号にわけられていて、番号が少ないほどきめ細かく、ワックスにした時にツヤがよく、のびのいいものにないrます。高いワックスはツヤだけでなく塗りやすいのも特徴です。



その他のワックス・コーティング剤


8   8

お手軽の人気は
お手軽系は耐久性は劣りますが、作業直後の撥水性は○

 お手軽系のワックスといっても、塗り方はさまざま。
塗りこむだけでふきとりいらずというのもあります。
 で、何が一番簡単かというと、
やっぱりスプレー式のふきとりいらずのワックス。
ワックスがけの面倒は、塗りこみとふきとり。
この2つの作業が省略できるのですから。
ノータッチ商品などがこのタイプ。


洗剤
ワックス・コーディング剤
日除け用品
ウォッシャー液
スポンジ
その他
ワックス・コーティング剤売れ筋ランキング


内容・画像等の無断転載を禁止します。
Copyright 2000All rights reserved.