HOME車・バイク用品→自動車車体(新車・中古車車の売り方
 
 
 

INFORMATION

更新日: 2017年9月2日  






   

車の売り方講座 

 車の買取値段ばかりを気にしてはいけません。中にはべらぼうに高い手数料(名義変更の手続き費用など)をとられたり、売った先の手続きの不備で、手ばなしたはずの車の税金の請求が来たという話もあります。
 車を売るときは、手取りでいくらになるか、またお金の支払いはどういうやり方か、売った後の手続き(名義変更など)が終了したことが確認できるか(ハガキで知らせる店も多い)を確認しましょう。

車の売り方のバリエーション

新車ディーラー
 ほとんどの人が新車を購入するディーラーに、今まで乗っていたクルマを下どってもらっている。買った車は独自の販売網に流すことが多い。
下取りクルマに新車が納入されるまでのりつづけることができる。
名義変更がされないなど売った後のトラブルがなく安心。
不人気車・低年式車でもクルマを買うなら査定がつきやすい
とくに人気車は低い査定しかつかないことが多い。
新車を買わないと査定が低くなることが多い。
クルマを売って現金をつくることができない(車を売ったお金は、すべて新車の頭金というのが常識)
中古車専門店
 最近は、買取部門と販売部門が分かれたマンモスショップもある。買った車は、自分の店の展示場において販売する。RVやスポーツカーの専門店も。
人気クルマは高い査定がつくことが多い
ローダウンやフルエアロなどカスタマイズされたクルマも評価してくれる。
クルマを売って現金をつくることができる。
代替の中古車を買わないと査定が低くなる店もある。
新車が納車されるまで足がなくなってしまう(納車される直前に売ればOK)
入りにくく、信用できない店も中にはある。
買取専門店
 クルマを買い取るだけで、自分のところで販売はしない。買った車は全て全国のオートオークションに出品。アップルやガリバーなど全国ネットの店も急増。
人気クルマは高い査定がつくことが多い
ローダウンやフルエアロなどカスタマイズされたクルマも評価してくれる。
クルマを売って現金をつくることができる。
大手は別にして、小さな買取店は手続きなど不安がある店も少なくない。
新車が納車されるまで足がなくなってしまう(納車される直前に売ればOK)
個人間売買
 友人や親戚など個人ユーザーから個人ユーザーにクルマを売るやり方。需要と供給さえあれば、売るほうも買うほうもこれほど納得できるものはない。
中間マージンがないので売るほうは高く売れ、買うほうは安く買える。
普通では値段のつかない車でも多少のお金になる。
自分の都合のいい時にクルマを渡せる。
大手は別にして、小さな買取店は手続きなど不安がある店も少なくない。
新車が納車されるまで足がなくなってしまう(納車される直前に売ればOK)
オークション
 全国各地で開かれるオークションの中には、個人で出品できるものも。1万円程度の出品量+売値の5-10%の手数料がかかる。ネットオークションもある。
出品料や契約料がかかるが、お店のマージンに比べればずっと安く、その分高く売れる。
インターネットなど、家にいながらにして参加できるものも
多くのユーザー・バイヤーが相手なので希少車などは思いもよらない値がつく場合もある。
クルマを持ち込むなど、多少の手間がかかる。
売れる(お金になる)までに時間がかかることも多い。

 


こんなクルマはここに売る

人気のない車  新車ディーラー 個人間売買
 中古車を買う層は若い世代が圧倒的に多い。つまりこの世代にうけないコンパクトやミドルクラスの普通のセダン車は中古市場で人気がない。そんな車は、新車を購入するディーラーに下取ってもらうのが一番正解
10万キロ近く走った低年式車  新車ディーラー 個人間売買
 普通10万キロぐらい端ってしまうとほとんど価値はゼロになります。場合によっては引き取り料として2−3万とられることも多い。個人に売るか譲渡する。また新車を買うならディーラーがサービスでいくらかつけてくれることもあります
人気のある車  買取専門店 中古車専門店
 スポーツ車、ステーションワゴンやミニバンは絶対買取店がトク。また、RVやスポーツ専門という中古車店にも査定してもらおう。とくに人気色ならいい値がつくはず。
VIPセダン  買取専門店 中古車専門店
 大型セダンも中古市場の人気車。オークションで高値で取引されているのです。ということは、買取専門店・中古車専門店がいい値をつけます
年式の古い軽自動車・4WD  買取専門店 中古車専門店
 軽や4WDは、業界用語で粘るクルマと呼ばれているという。つまり、年式が古くなっても、走行距離がかさんでも、なかなか価値がゼロにならない車なのです。こんなクルマはあきらめずに買取店に持っていくこと。
輸入車  オークション 外車専門の中古車店
 輸入車は、売れるか売れないかわからない、業者にとっては怖い車。このため100万円で仕入れたものを200万円で売るなど保険をかける意味で大きくマージンをのせる。ということはオークションが一番トクになります。

値オチの少ない車を選ぶヒント

 クルマを選ぶときに、売るときのことを考える人は多くありません。
でも新車価格がほとんど同じクルマでも3年後に売るときに、70万円以上の差になることもあるのです。
クルマの売値がユーザーにとって無視できないほど差がつくことも多くあります。
 これから何年後かに、どんなクルマが中古市場の人気になっているかはなかなか予想しづらいですが、
RVやスポーツカーなど、はっきりした長所があるクルマほど人気が高いようです。 乗りつぶし派には関係ありませんけど。


クルマの値オチの法則
クルマは買った直後の値オチが一番激しい
 クルマは登録された時点で中古車になり、そうなると一気に価値が3分の 2ぐらいに落ちてしまいます。値オチの曲線は最初は急に、あとはなだらかに落ちていくのです。

ほとんどのクルマは6年くらいたつと価値がゼロに。
  6-7年たつと価値がゼロになるクルマは多いのですが、人気のクルマは10年たっても値がつくものもあります。 5年ごとにガクっと値オチがありますからご注意を。

人気車とそうでないクルマでは値オチ率が違う
 新車価格でほとんど同じだったクルマが、3-4年後に売るとき、大きな差になっているというのはよくある話。オークションなどでは、さらにシビアに差がつきます。

走行距離や事故歴で大きくプラスマイナス
 走行距離は5万キロがひとつの分かれ道とよく言われます。実際49,000kmと51,000km で査定額が結構違ってくるという業者もいます。高年式車ほど走行距離にシビアです。
車種とグレード
 相変わらず人気が高いのがRV。その中でも特にミニバンが強い。また最近人気が出ているのが、ビッグセダン。
レガシイやボルボはワゴンとセダンでは4年後の値オチが全然違う。また4WDと2WD車の人気差も大。つまり、その車の正確にあったグレードを選ぶのが正解です。
AT or MT
 ミニバンやステーションワゴンなどはAT車のほうが人気が高いが、スポーツ車は、圧倒的にマニュアルが強い。 
ボディカラーと装備
売れる車のボディカラーもバラエティーに富んできています。ただし人気はパールが中心。とくに人気車ほどその傾向が強い。また人気急上昇は明るいシルバー。イメージカラーは人気になりません。
 新車時には注目度が大きいエアバッグやABSなどの安全装備は、中古市場では全くといっていいほど評価されません。カーナビも純正品はプラスになりますが、市販品はほとんど評価なし。人気はサンルーフやエアロパーツなどです。サンルーフはつけた値段の元がとれるほど人気のある装備。アルミやエアロパーツも評価大です。

9    

クルマを少しでも高くうるコツ

キズやヘコミは直さずに売る

業者価格で依頼できるため、ユーザーが直すより、中古車店に任せたほうがずっと安くすむ。
少なくとも2-3軒の店で査定
ディーラーの下取り価格で納得する人も多いけれど、特に人気車は複数で査定をうけましょう。

1-3月, 9-11月はクルマが高く売れる

2-4月,9-11月などクルマが売れる直前は、玉を確保するため、中古車の相場があがる。

車検はゼロより、半年くらい残して売る
中古車店などは戸君いすぐ売れるクルマがほしいので、車検は少しでも残っていたほうがいい。
査定の前には多少の洗車
査定する人の印象で、評価額が違ってきます。大切に乗っていた車をアピールする意味で必要。
売るときに必要な書類
車検証・自賠責保険証・印鑑証明が1通・自動車税を払ったときに受け取った納税証明書・それに実印が必要になります。
また車検証の住所と現在の住所が異なるときは住民票、また運転免許証が必要になることもあります。
手続きはディーラーや買取店、中古車店など、ほとんどおまかせOK。ローンが残っていてもその生産もやってくれるところが多いです。
過走行
  車の査定で一番シビアにチェックされるのが走行距離。通常で年に8,000-12,000km。これを超えると過走行として大きく減額されます。例えば3年間で5万km走っているなら5ナンバーでも5-10万円のマイナス。逆に少ないと多少プラスあり。
事故歴
 車は多少のキズくらいつくのが当たり前。小さなキズやヘコミは減額にならないか、なってもひとつ4,000-5,000円程度。ただ事故車だとそうはいきません。普通、ガードレールや壁にこすったぐらいでは事故車扱いにはならない。事故車は、車の骨格にあたるフレームまで修理が及んだものをいう。この場合、かなり減額になります(自己の程度や車種によっても違いますが、普通20-30万円はダウン)が、後々トラブルにならないためにも申告すべき。もっとも相手はプロ、黙っていても査定の際に見つかることが多い。また大きな修復歴(板金など)も厳しく減額されてしまいます。
個人売買の値段設定
   車を個人売買するとき、いくらにしていいかなかなか決めづらいものです。業者が買い取る卸値と、販売価格の中間なら、売るほうも買うほうも納得できるというもの。それを知るにはまず車の相場(中古車市場での販売価格)をつかむことです。これは、中古車雑誌などを見ればだいたいわかります。この販売価格には、100万円クラスの車で20-30万円、200万円クラスで40-50万円のマージンがのっています。その分を引けばいいわけです。また、買取店などは査定が無料なので、プロに査定してもらうのも手。
買取と下取りの違い

「下取り」は、クルマのお乗換えのときに、今お乗りの愛車を引き取ってもらうもの。当然、新しいお車を購入するお店でしか下取りはしてもらえません。
 ほとんどの場合、下取り金額は、新しいお車の購入金額になってしまうので、お手元に現金は残りません。

「買い取り」はその名のとおり、お車を買い取ってもらうものです。
 「下取り」と違ってそのお店でお車を購入する必要はありません。
 当然、買い取り金額がお手元に入ってきますので、現金がお手元に残ります。
 それをそのまま頭金にも、その他のものの購入にも、貯金にも使える融通の利く方法になります。

もちろんそれぞれの長所短所がありますが、そのお店で下取りしなければならない理由はありません。
「下取り」とあわせて、一度お車を査定してみることで、いろいろな
選択肢が生まれてきます。


  9 

内容・画像等の無断転載を禁止します。
Copyright 2000All rights reserved.