HOME本・雑誌・コミック人文・地歴・哲学・社会
 
 
 




INFORMATION

更新日: 2020年2月14日  







0214  

人文・地歴・哲学・社会

佐々木安美詩集
 
¥1,650
-
「彼のことばはその日を生きるための護符として強度を増している」(井坂洋子)。 『さるやんまだ』(H氏賞)『虎のワッペン』、『心のタカヒク』、一時期の中断をへて刊行された『新しい浮子 古い浮子』(丸山豊現代詩賞)を全編収録。 解説=中本道代、柿沼徹、久谷雉
大学教職員のための大学組織論入門
 
¥2,970
 
大学組織を複数の視点から理解し、問題を発見し、マネジメントするために 各章末にケーススタディを取り入れ、最新の理論と現場の課題を往復しながら、わかりやすく学べる工夫を凝らしたテキストブック

新幹線は地域をどう変えるのか
 
¥2,420
-
new《需要対応型》の東海道・山陽新幹線などに対し、整備新幹線はほとんどが《需要開拓型》。その大いなる期待は実現したのか。整備新幹線の沿線地域を対象に、開業前の期待と開業後の現実、将来に向けての課題を整理。新幹線対策を最善のまちづくりにつなげるための方策とは。
寛容論
 
¥1,166
-
newカトリックとプロテスタントの対立がつづくなか、実子殺しの容疑で父親が逮捕・処刑された「カラス事件」。狂信と差別意識の絡んだこの冤罪事件にたいし、ヴォルテールは被告の名誉回復のために奔走する。理性への信頼から寛容であることの意義、美徳を説いた最も現代的な歴史的名著。

哲学書間
 
¥1,078
-
newイギリスにおける信教の自由、議会政治を賛美し、ロックの思想、ニュートンの科学などの考察を書簡形式で綴ったヴォルテールの思想の原点。フランス社会の遅れを痛烈に批判し発禁処分にされたことで大ベストセラーとなった。のちの啓蒙思想家たちに大きな影響を与えた初期の代表作。
歴史がおわるまえに
 
¥1,980
-
歴史は「私たちの進路」を、もう照らさない。虚心に過去を省みれば、よりよい政治や外国との関係を築けるはず―そうした「幻想」はどのように壊れていったか。東京五輪や三島事件まで遡り、安倍長期政権やトランプ登場をもたらした「もう歴史に学ばない社会」の形成をたどる。




関連商品
宗教・倫理 教育・福祉 心理学 哲学・思想 歴史 雑学・出版・ジャーナリズム 文学 社会科学 社会 ノンフィクション 法律 政治 民俗 地理 言語学 軍事 人文科学全般 その他



内容・画像等の無断転載を禁止します。
Copyright 2000 All rights reserved.