HOME食品・飲料・キッチン用品食品調味料
 
 


INFORMATION

更新日: 2017年11月1日  
11  11  




11  

調味料

こちらでご紹介する商品は、商品画像クリックでお買い物可能です。

 

GO Manuka Honey UMF16+(MGO 570) - 500GM
11 
¥9,500
GO healthy
newUMF(Unique Manuka factor)はマヌカのちみつ中に存在する抗菌力を表れる数値で高いほどいいです。
焼きそばソース粉 1kg マルちゃん
10  
¥1944
東洋水産株式会社
調味料と香辛料をバランス良くミックスし、小さいお子様からお年寄りまで幅広い年齢層のお客様に人気の飽きのこないスタンダードな味です。


油は、空気に触れたり、光に当たったり、加熱することで酸化が進みます。このため、一般的に油の入った容器は口の部分が小さく、光を通さないように缶や色つきのボトルに入っています。酸化を防ぐためには、密閉できる容器に入れてしっかりと栓をし、常温の暗所で保存しましょう。


みそ

市販のものの多くはエチルアルコール(酒精)で発酵を抑えてあり、空気に触れても品質が悪くなることはあまりありません。しかし、アルコール殺菌されていない味噌は、味噌の中の麹が生きていて袋詰の後も発酵と熟成が続いているため、空気に触れると好気性菌が繁殖しやすくなり、風味もおちます。開封後はなるべく空気に触れないよう密閉容器に入れて、必ず冷蔵保存しましょう。



しょうゆ

醤油は基本的に開栓後も常温で保管できますが、防腐剤(保存料)を遣っていない醤油は、一度栓を開けると表面に白いカビが発生することがあります。開栓後はしっかり栓を閉めて、できれば冷蔵庫に保管し、早めに使い切ることをおすすめします。もし、カビが発生してしまった場合は布でこして遣います。風味はおちますが、煮物など火を通す料理に使用すれば気になりません。未開栓のものは、製造時に加熱殺菌しているので常温保存でも大丈夫です。




調味料の保存

調味料は直射日光と高温多湿をさけ、冷暗所に保存するのが基本です。開封後は、酸化を防ぐためしっかり栓を閉めて保存しましょう。醤油・味噌は特に風味が落ちやすいので、冷蔵保存することをおすすめします。

本みりん、発酵調味料、料理酒、酢
直射日光と高温多湿を避けて冷暗所に保存します。開栓後は、酸化を防ぐためにしっかりと栓をしましょう。

マヨネーズ、ケチャップ
直射日光を避け、25度以下の冷暗所で保存します。開封後は冷蔵庫で保存しましょう。ただし、0度以下になると分離することがあります。


関連商品
片栗粉 | カレー粉 | きな粉 | ケチャップ | ごま | 小麦粉 | コーンスターチ | 砂糖 | | わさび |
からし(マスタード)| ゼラチン | ソース | だし | 中華調味料 | 天ぷら粉 | ドレッシング | パン粉 |
ふりかけ | ベーキングパウダー | ポン酢 | マヨネーズ | みりん | ナンプラー・ニョクマム |
メープルシロップ | めんつゆ | 焼肉のたれ | ハチミツ | | セット・詰め合わせ | その他 |

As of Today (Foods Blog)
調味料に関するアーカイブ


内容・画像等の無断転載を禁止します。
Copyright 2000 All rights reserved